建築専門学校 評判のTOPに戻る

専門学校の選び方

建設・建築系の専門学校を選ぶときは慎重に選びましょう。

数多くの専門学校があり、ホームページを見るとすべて良さそうに見えますが、実際に比較すると、教育体制、資格取得の体制、就職先、実質就職率が違います。

また、講師が学校によって当然違います。

どういった講師陣がいるかも、専門学校を選ぶときはとても重要です。

安易に専門学校を決めてしまって、後で後悔する方やその親御さんもいます。

評判や口コミがイマイチの学校もあるため、必ずチェックしてください。

また、卒業後の就職先がとても大切です。

建設業界はとてもハードな業界です。

どんな業界の仕事でも大変なのはみんな一緒ですが。

建設業界はブラックな企業もまだ多いので注意してください。

きちんとした企業とつながっている専門学校を選ぶことが大切です。

専門学校と企業はつながっています。

企業は専門課程を修了した人や、資格を持っている人を欲しがるため、専門学校とパイプがあることはメリットです。

専門学校も、就職率が上がったり、優良な就職実績ができると新しい学生を獲得できるのに良い宣伝になるため、企業とパイプがあることはメリットです。

専門学校によって太くつながっている企業が違うため、良い企業とつながっている専門学校を選ぶことが大切です。

お子さんを専門学校に行かせる親御さんも、きちんと専門学校の情報を収集するようにしてください。

就職や教育体制が弱い学校を選ぶと、お金と時間を捨てることになります。

大切なお子さんの将来と、大切なお金を無駄にしないように注意してください。

ちなみに、専門学校に直接学校のことを聞くと、すべての学校が良いことしか言いません(当たり前ですが)。

公平中立な第三者機関があり、そうした機関に聞くと、公平中立な立場で専門学校のことを教えてくれます。
関連コンテンツ

進学か就職か

高校を卒業後、就職するか、専門学校や大学に進学するか悩む人もいると思います。 進学にも就職にもメリットとデメリットがあります。 専門学校に進学するときは、その専門学校の就職率、就職先もチ・・・

高卒で建設業に就職

高校卒業後、専門学校や大学に進学せずに建設業界に就職する人は多いです。 建設業は「3K(きつい、汚い、危険)」と言われていてきつい仕事ですが、今の建設業界は昔とは違ってきているようです。 ・・・

進学のメリットとデメリット

大卒の場合、就職するのはゼネコンや大手ハウスメーカーなどが多いようです。 専門学校卒の就職先は建設会社、建築会社、建築事務所、内装業、ハウスメーカーなどが多いようです。 大学でも専門学校で・・・

ゼネコンに就職したいけど

ゼネコンに就職するのは難易度が高いです。 一級・二級建築士の資格を持っていたとしても、ゼネコンの場合はやはり良い大学を卒業していないと正社員としての入社は難しいです。 中堅のゼネコンでも・・・

注目の資格

建設業界で注目されている資格があります。 「多能工」の資格です。 建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 しかし、今・・・

建築専門学校 相談

建設系の専門学校のホームページやランキングサイトを見ると、どの学校も良く見えますが、教育の質は学校によってかなり差があるため注意してください。 講師のレベルも学校によってかなり違います。 ・・・

専門学校様の情報掲載について

当サイトは、専門学校様のより良い学校情報を掲載し、学校選びをする方たちの良い判断基準になるために運営しております。 専門学校様に詳しくお話を聞かせていただき、学校のより良い情報発信に活用していた・・・