建築専門学校 評判のTOPに戻る

建築専門学校 相談

建設系の専門学校のホームページやランキングサイトを見ると、どの学校も良く見えますが、教育の質は学校によってかなり差があるため注意してください。

講師のレベルも学校によってかなり違います。

講師選びは本当に重要です。

雰囲気、就職率、就職先、資格合格率などで安易に学校を決めてしまって、後で後悔する人もたくさんいます。

評判の悪い学校もあるため、学校を選ぶ際に必ずチェックするようにしてください。

また、卒業後の就職先にも注意しましょう。

建築業界はハードな仕事です。

肉体労働ですから、社員のことを真剣に考えている会社に就職することが大切です。

建設業界は、かなりずさんなブラック企業が多いので注意してください。

きちんとした教育と、就職先も用意してくれている専門学校を選ぶのがポイントです。

多くの専門学校は入学させることに必死で、卒業後のフォローは何もありません。

卒業後のこともきちんと考えてくれる専門学校はかなり少ないです。

また、お子さんを建築専門学校に行かせる親御さんも、きちんと専門学校の情報を収集するようにしてください。

就職・教育体制が弱い学校を選ぶと、お金と時間を捨てることになります。

大切なお子さんの将来と、大切なお金を無駄にしないように注意してください。

専門学校選びは慎重に行ってください。

建築・建設系の専門学校を選ぶ一番のポイントは「就職先」です。

専門学校自体が、企業と太いパイプを持ち、良企業に卒業生が就職できる体制が整っている専門学校を選びましょう。

優良企業との関係が弱い専門学校を選んではいけません。

ちなみに、専門学校に就職先のことを聞くと、すべての学校が良いことしか言いません。

建設系の専門学校への進学を考えている人のための、公平中立な第三者の相談機関があるた
め、そうしたところに相談してみると良い
でしょう。

各専門学校の弱点・デメリットがわかるので、入学する前に相談してみましょう。

また、大学に行かずに建築・建設の道に進む人も増えています。

人より早く技術を身につけることができ、人より早くたくさんのお金を稼げるようになります。

高卒や中卒で建設業界に就職したい人向けの、公平中立な就職相談窓口があるため、そうしたところに就職相談してみると良いでしょう。

間違って変な企業を選んでしまうリスクを減らすことができます。

「公平中立な立場でご自身に合う専門学校を紹介している相談窓口」として、「全国職業相談センター」をご紹介します。

全国職業相談センター」は、優良な学校の紹介や進路相談を行っている相談窓口で、多くの相談実績があります。

どの学校が良いかわからない」という方は、気軽に相談してみると良いでしょう。

公平中立な第三者の立場で、ご自身に合う優良な学校を紹介してくれます。

※相談料は無料です。

「全国職業相談センター」へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

進学か就職か

高校を卒業後、就職するか、専門学校や大学に進学するか悩む人もいると思います。 進学にも就職にもメリットとデメリットがあります。 専門学校に進学するときは、その専門学校の就職率、就職先もチ・・・

専門学校の選び方

建設・建築系の専門学校を選ぶときは慎重に選びましょう。 数多くの専門学校があり、ホームページを見るとすべて良さそうに見えますが、実際に比較すると、教育体制、資格取得の体制、就職先、実質就職率が違・・・

高卒で建設業に就職

高校卒業後、専門学校や大学に進学せずに建設業界に就職する人は多いです。 建設業は「3K(きつい、汚い、危険)」と言われていてきつい仕事ですが、今の建設業界は昔とは違ってきているようです。 ・・・

進学のメリットとデメリット

大卒の場合、就職するのはゼネコンや大手ハウスメーカーなどが多いようです。 専門学校卒の就職先は建設会社、建築会社、建築事務所、内装業、ハウスメーカーなどが多いようです。 大学でも専門学校で・・・

ゼネコンに就職したいけど

ゼネコンに就職するのは難易度が高いです。 一級・二級建築士の資格を持っていたとしても、ゼネコンの場合はやはり良い大学を卒業していないと正社員としての入社は難しいです。 中堅のゼネコンでも・・・

注目の資格

建設業界で注目されている資格があります。 「多能工」の資格です。 建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 しかし、今・・・

専門学校様の情報掲載について

当サイトは、専門学校様のより良い学校情報を掲載し、学校選びをする方たちの良い判断基準になるために運営しております。 専門学校様に詳しくお話を聞かせていただき、学校のより良い情報発信に活用していた・・・